渡辺直美 米留学で身につけた語学力は小学生レベル?

2015年01月21日 16時28分

 ぽっちゃり女芸人の渡辺直美(27)が21日、都内で映画「ナイトミュージアム/エジプト王の秘密」(3月20日公開)の公開アフレコを行った。

 渡辺は報道陣の前で生着替えを披露。警備員に扮し、チャックを全開にするほどハッスルして護身術を習得した。

 普段から舞台でパンツを見せるなど、露出には全く抵抗がないタイプだけに「この時代に生着替えはなかなかないけど、皆様が望むならいくらでもやる」と宣言。

 迫力ボディーを惜しげもなく見せつけ「お正月休みでプーケットに友達と遊びに行ってあまり食べなかった。特におなか周りがやせたといわれる。体重? 98キロ。なかなか100キロはいかない」とコメントした。

 昨年は3か月、ニューヨークに留学。

「危ない所さえ行かなければ意外とNYは大丈夫。でも、日本は熱狂的ファンが多いので、護身術を使う機会があると思う」と笑わせると、「NYでゲイバーに入り浸っていた」との一部ネット報道について「毎日、学校に行って勉強していた。友達もいなくて、出前を頼んで部屋で一人で食っていた。確かにゲイの友達がいたんでゲイバーには1回行ったが、入り浸ってはいないし、遊んでもいない」と否定した。

 その後、本場で磨きをかけたはずの英語を披露したのだが、これがただ「ヘイ! ヘイ!」などと発するだけで、お粗末というほかない小学生レベルのものだった。

 渡辺は「今年は留学で身につけたものを生かしたい」と話したが、少なくとも語学力に関しては、残念なことに留学の成果が全く感じられなかった。

 かわいそうだが、これでは「遊んでいた」と言われても仕方ないかも?