2000人が名曲に酔いしれた「新春ジャズの一人祭典!」

2015年01月21日 12時00分

アンコールではステージから客席に下りて観客と一体になって熱唱

 昨年から精力的に音楽活動を続ける深見東州(63)が15日、東京・中野区の中野サンプラザホールで「新春ジャズの一人祭典!」(主催=東京芸術財団)を行った。同ライブはエイズ撲滅を目的としたチャリティー興行で、深見は3時間半にわたるステージを休憩も挟まず、一人で駆け抜けた。会場を埋め尽くした2000人の観客は、ジャズの名曲に酔いしれていた。

 昨年9月に世界的ロックスターと競演した「進撃の阪神巨人ロックコンサート!!」を皮切りに、ほぼ月1回ペースでコンサートを開催している深見が新年一発目に選んだのは“ジャズ”だった。

 日本ではメジャーとは言いづらいジャンルながら、「名曲揃いのジャズを聴いてほしい」と臨んだ単独ライブ。専属バンド「ゴムバンド」の前奏が流れる中、姿を現した深見は「Take the A Train(A列車で行こう)」を歌い上げる。ところがこの日はスタートから“異変”が…。曲が終了し、圧倒的な歌声に早速会場は拍手に包まれかけた瞬間、深見から「待った」がかかる。

 その原因はバンドの演奏。せっかく集まった観客に失礼というエンターテイナーとしてのこだわりだった。

 急きょ“やり直し”が決定。「リハーサル通りにいかないのもジャズの魅力です。B列車で行こう!」と改めてオープニング曲を熱唱した。エア演奏を交えてステージ全体で表現する姿に自然と観客からは手拍子が起こり、会場はスタートしたばかりとは思えない興奮に包まれた。

 ジャズの祭典にふさわしい幕開けを飾った深見は、ここでいきなり栄養ドリンクをゴックン! 笑いを誘うパフォーマンスでさらに熱気を増した会場に「真面目に聴くよりも、リズムに乗ってジャズに陶酔してほしい。今日の目標は最終電車までに帰ること」と宣言した。


 勢いそのままにジャズソングの王道「It’s Only a Paper Moon」を歌い終えると、続いては「マイケル・ボルトンと一緒に歌いたくて練習した」という「Fly Me to the Moon」。一昨年のロックコンサートで競演した友人のグラミー賞歌手に劣らない歌声を披露した。

 その後も「La Vie en rose(ばら色の人生)」や「想い出のサンフランシスコ」「Moon River」など世界的ヒットナンバーを時にオペラ風にアレンジして熱唱。11曲目には「Unchained Melody」。映画「ゴースト/ニューヨークの幻」の主題歌として、長く愛されている一曲を「泣く準備をしてください。あの映画の感動をもう一度」としっとりと歌い上げた。

 一方で最近はあまり歌われなくなった「Misty」「ベサメ・ムーチョ」といった隠れた名曲もセレクト。深見の“ジャズ愛”が垣間見えた。<次のページへ>