板野友美とTAKAHIRO「交際同時否定」の舞台裏

2015年01月21日 07時15分

 かねてその交際が噂になっていた元AKB48の板野友美(23)とEXILEのボーカル・TAKAHIRO(30)の双方が唐突に、結婚はおろか交際も否定する事態となった。過去に週刊誌で熱愛がたびたび報じられ、ファンの関心を呼んでいた2人の関係だが、突然ともいえる“完全否定”の舞台裏を探った。

 今年に入ってから一部メディアが「結婚秒読み」と伝えた。これを受けてか、EXILEが所属する芸能事務所LDHは18日、公式サイトで「そのような事実は全くございません」。同日、板野も公式ブログで「スタッフより」とのタイトルで「その様な事実は一切ございません」と共に交際、結婚を否定した。

 2人の熱愛が最初に報じられたのは2012年3月の「週刊文春」。その後、昨年1月の「フライデー」がすし店で食事の後、同じマンションへ帰っていく姿を、4月には「女性セブン」が焼き肉デートを報じた。9月には板野がブログにアップした写真にタトゥー入りのTAKAHIROの腕が写り込んでいると大騒ぎになった。

 これだけ交際を報じられながら、両者がそろって完全否定したのは今回が初めて。この舞台裏を探ると…。

「以前、板野の所属事務所が『友人の一人』と答えていたように、お互いの温度差はあれ、関係があったのは間違いないですが、昨年末には終わったようです。今回は結婚報道が出たので否定に動いたと聞いている。そもそも、これだけ報じられれば板野、TAKAHIRO本人が否定する場面もあったでしょうが、いままでなかった。今回の完全否定も事務所からのもの。きちんと別れただけに『何もなかった』と本人たちが冷たく否定し合うことだけは避けたかったみたい。2人は“腐れ縁”みたいで思った以上に関係性は深かった」(事情に詳しい関係者)

 抜群のルックスと甘い声でグループ内でも一、二を争う女性ファンを抱えるTAKAHIRO。モテ男だけに、交際を信じる双方のファンから「板野は遊ばれているだけ」と真剣さを疑う声も多かったが、そもそも2人はどんな関係だったのか。事情に詳しい芸能プロ関係者はこんな板野の姿を明かす。

「AKB時代、EXILEファンの板野がAKBメンバーに、やけにEXILEの話をしていたことがあった。しかも、『あのメンバーは実はこんな人なんだよ』と身内しか知らない裏話をうれしそうに話していた。隠し切れない幸せオーラ全開でTAKAHIROのことを話すので、どの程度かは分かりませんが、AKB時代にはそこそこ仲が良かったはず」(前同)

 前出の「週刊文春」報道はAKB在籍中のこと。2人が同じマンションに住み、お互いの部屋を行き来していると伝えられたが、当時の板野は怒るどころか笑顔でAKBメンバーに「載っちゃった」と話していたという。

 そんな板野はTAKAHIRO色に染まろうとしていたこともあった。「ギョーザ好きというTAKAHIROのため、ギョーザのレシピをマスター。友人を交えたギョーザパーティーで振る舞ったこともある。板野は外見こそギャルっぽいですが、根は真面目でいちず。この“ギャップ”にTAKAHIROも『やられた』そうです。実は3年ほど前、2人でギョーザの有名店へ行ったこともある。知る人ぞ知る名店だったのですが、たまたまテレビ局の取材陣が訪れ、バッタリ…。当然ながらお蔵入りになったみたい」(テレビ局関係者)

 好きの度合いでいえば、板野の方が勝っていた。

 TAKAHIROとの交際をにおわせるのはきまって板野だった。「EXILEサイドが交際をオープンにしたがる板野を快く思っていなかったのは事実で、関係の解消を求めていた。今回はその意向に沿ってのことだと思いますよ」とは芸能プロ関係者。

 突然の結婚報道が長く続いていた2人の関係の“終わり”を明るみに出した格好となったようだ。