「マンガ大賞」ノミネート14作発表 ウェブ漫画からは「月刊少女野崎くん」

2015年01月19日 14時00分

「マンガ大賞2015」にノミネートされた「月刊少女野崎くん」

 書店員をはじめとするマンガ愛好者がその年一番の漫画を選ぶ「マンガ大賞2015」のノミネート14作が19日に発表された。

 

「マンガ大賞」は08年に創設され、今年で8回目。2014年1月1日から12月31日までに単行本が発表された作品のうち、最大巻数8巻までの作品が対象となる。ノミネートされた14作品は92人の選考員が参加し234タイトルの中から選ばれたものとなる。「このマンガがすごい2015」オトコ版1位に輝いた「聲の形」などの話題作のほか、昨年の「ワンパンマン」に続き、今年もウェブ漫画から「月刊少女野崎くん」がノミネートされている。

 

ノミネート作は以下の通り。

・「イノサン」坂本眞一

・「王様達のヴァイキング」さだやす/深見真(ストーリー協力)

・「かくかくしかじか」東村アキコ

・「累」松浦だるま

・「月刊少女野崎くん」椿いづみ

・「聲の形」大今良時

・「子供はわかってあげない」田島列島

・「ドミトリーともきんす」高野文子

・「BLUE GIANT」石塚真一

・「宝石の国」市川春子

・「ボールルームへようこそ」竹内友

・「僕だけがいない街」三部けい

・「僕のヒーローアカデミア」堀越耕平

・「魔法使いの嫁」ヤマザキコレ