バイトAKBメンバー ぱるるのプロ根性を絶賛「時給1万円」

2015年01月16日 15時35分

「バイトAKB」の方伊儀まどか(右)と鈴木優民

 アイドルグループ「AKB48」のアルバイト契約メンバー「バイトAKB」が17日、東京・ベルサール秋葉原で行われるイベント「アキバ大好き!祭り」内でライブを行う。バイトAKBは初めて3曲を披露する予定。メンバーの方伊儀(かたいぎ)まどか(=17)、鈴木優民(ゆうみん=22)がライブへの意気込み、さらに〝正式採用〟への思いをインタビューで語った。

 

 

 バイトAKBはAKBの運営会社AKSと時給1000円でアルバイト契約するメンバーで、1万3246人の応募者の中から、約250倍という倍率を突破した50人だ。


「握手会のお手伝いをするくらいで、実際何をするかよく分かっていなかった」(方伊儀)というが、テレビ番組やCM出演、握手会の参加に昨年末のAKB紅白歌合戦では前座として「会いたかった」を披露。〝正社員〟と変わらぬアイドル活動を経験している。


 バイトAKBの醍醐味の一つが、現役AKBメンバーとの触れ合いだ。


「番組で独りぼっちだったら、収録前も後にも北原里英さんや指原莉乃さんが声をかけてくれて。こんなに優しいんだと感動しました」(鈴木)、「踊りが分からない時には高橋みなみさんに教えてもらった」(方伊儀)と、あこがれのメンバーたちとの交流に笑顔を見せる。生で見て一番かわいかったメンバーには方伊儀が前田亜美(19)、鈴木は飯野雅(17)を挙げた。


 バイトAKBメンバーが驚いたのが正規メンバーたちのプロ意識。


 方伊儀は「島崎遥香さんはリハーサルで体調を崩していて薬を飲んでいたのに、本番ではそれを見せず元気に振る舞う。それを見たときプロだと感じました」。自身たちは時給1000円だが、正規メンバーは「時給1万円でもおかしくない」という。


 気になるのが今後の活動だ。バイトAKBは2月末に契約終了となり、3月以降の活動は発表されていない。これまでの経験から2人はともに契約の継続を望んでいる上、正式採用も夢に描く。


「AKBにもなりたいけどバイトAKBのメンバーのままでユニットとして活動もしたい。みんな仲が良いので」(方伊儀)


「もともと劇場に通ってたファンなんで、もし入れるならAKBさんに入りたい。でも(噂に上るSPR48など)新しくできるグループがあるなら、そこに行きたいです」(鈴木)


 17日のライブではバイトAKBとしては、アレンジ曲「バイトルローテーション」など3曲を披露。方伊儀、鈴木もそれぞれセンターを務める。契約延長、さらにはその先の正式採用に向けてもライブは、試金石となりそうだ。


「アキバ大好き!祭り」は、電気、アニメ、アイドル、グルメなど秋葉原の魅力を発信するイベント。バイトAKBは17日にベルサール秋葉原で開催されるステージイベント「第2回AKIBA TOKYO COLLECTION」の第2部に登場する。


 同イベントの第1部では、高崎聖子ら多数のアイドルが参加するコスプレファッションショーが行われる。