秋元アナの後任も“隠れ巨乳”

2012年09月04日 12時00分

 視聴率争いで苦戦を強いられているフジテレビが「勝負の改革」を行うことが本紙の取材でわかった。巨乳と濃厚フェロモンで人気を博している“フジ夜の顔”秋元優里アナ(28)が、平日深夜の報道番組「ニュースJAPAN」のメーンキャスターを降板した。激震に揺れるフジの内幕をリポートする。

 2004年から7年連続で視聴率3冠王を獲得した“民放の雄”フジテレビだが、昨年は日本テレビにその座を奪われた。さらに今年に入るとテレビ朝日が躍進したため、フジは現時点で実質3位に甘んじている。

 状況を変えようと、夏前にはプロデューサーの大幅異動が行われたが、次なる一手は、深夜の看板キャスターの異動だった。

「ニュースJAPAN」のメーンキャスターといえば、02年に滝川クリステル(34)が大抜てきされてからは“知的フェロモン路線”が定着。09年秋からその後を継いだ秋元アナも、滝クリに負けず劣らずの濃厚フェロモンで男性視聴者のハートをガッチリつかんできた。

 秋元アナはかつてNHKの青井実アナ(31)と交際しており、青井アナが秋元アナをフジ社屋のある東京・台場まで送る姿も局関係者にたびたび目撃されていたが、結局は破局。30日発売の「女性セブン」最新号では、人気ジャニーズ俳優・生田斗真(27)の実弟でアナウンス部の後輩・生田竜聖アナ(24)と、4泊6日でハワイ旅行していたことがツーショット写真付きで報じられている。

「秋元さんの今回の異動と熱愛発覚は全く関係なく、女性誌の報道が出る前から決まっていたことです。今までがダメだったというよりは、あくまでマンネリ打破という狙いが大きいようですね」とフジテレビ関係者は明かす。