足立梨花 女子力アップの秘密はお部屋でアロマ

2015年01月14日 19時51分

左から白羽ゆり、優希美青、足立梨花、安蘭けい

 女優の優希美青(15)、足立梨花(22)らが14日、都内で行われた映画「でーれーガールズ」(2月21日全国公開)の完成披露試写会に出席した。

 足立とW主演で親友役の優希は「クランクアップで涙が止まらなかった。そんな体験は初めてで、自分が泣いてしまったことにびっくりした。でーれー泣いた。この作品への思い入れが強かったんだと思う」とコメント。

 一方の足立は「同じ事務所なのにそこまで話したことなかったが、お互いに『名探偵コナン』が好きという共通点があって、撮影中は話すのが楽しかった」と振り返った。

 その足立について後輩の山根千佳(19)は「今回、撮影中に足立さんのホテルの部屋にお邪魔したら、すごくいい香りのアロマキャンドルをたいていて、女子力アップにびっくりした。以前、共演した時に部屋を訪れたら、キュウリをかじったりしていたのに」と暴露。足立は苦笑しきりだった。

 2人の30年後を演じる安蘭けい(44)、白羽ゆり(36)は元宝塚のトップスター同士で、退団後は初共演となる。

 安蘭は「宝塚時代は私が男役だったので、女性同士として共演できてうれしい」と再会を喜ぶと「私は映画初出演だけど、スクリーンを見たらあまりに映りが良くてびっくりした」と自画自賛。周囲をあきれさせた。

 会見には映画の舞台となった岡山出身の桃瀬美咲(21)も出席した。