出演オファー殺到!新垣氏は高視聴率の芸人キラー

2015年01月18日 09時00分

ゴールデンボンバーと共演し、両手を耳に当てる“佐村河内ポーズ”を披露する新垣氏(中)

 佐村河内守氏(51)のゴーストライター騒動で昨年、時の人となり、年末年始のテレビ番組で異色の出演を果たした作曲家の新垣隆氏(44)に、バラエティー番組からのオファーが殺到しているという。

 年末年始の新垣氏の活躍を総括すると、「THE FACE OF 2014世界が選ぶ今年の顔アワード!!」(フジテレビ系)では大久保佳代子(43)に壁ドン。TBS系「輝く!日本レコード大賞」ではゴールデンボンバーと共演し、両手を耳に当ててキョロキョロする“佐村河内ポーズ”を披露し、おどけてみせた。揚げ句には「絶対に笑ってはいけない大脱獄24時!」(日本テレビ系)に出演すると、マツコ・デラックス(42)とともにクワガタに鼻をかまれるという体当たり芸も披露した。

「芸人も真っ青の素のリアクション芸が高評価されてます。作られた芸ではないため誰もが笑ってしまう。まさに芸人キラーですよ」(放送作家)

 実は、そのサプライズ感も手伝って視聴率も驚きの結果が出たという。

「新垣さんの出演シーンは軒並み視聴率が跳ねているのです。本人はテレビに出始めたばかりだけに、正確な潜在視聴率は判明し難いですが、年末年始の出演番組視聴率から推定すると、最低8%以上はありそう。芸人で言えば、ココリコが6・2%、月亭方正が4・6%ですから、いかに高い数字かが分かる」(テレビ制作関係者)

 これを知った各局のバラエティー制作関係者が年明け早々から争奪戦を展開しているという。

「日テレは『24時間テレビ』に、フジは『めちゃ×2イケてるッ!』、TBSは『マツコの知らない世界』、テレ朝は『ロンドンハーツ』、テレ東も『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』など、すでにオファーしたそうです」(関係者)

 ちなみに“ゴースト・新垣”のギャラは10万円前後だったというが、今後は2~3倍になるとみられている。来年には自身の冠番組を持っているかも。