カイヤ ブチ切れ告白!川崎麻世に三くだり半

2015年01月09日 11時00分

離婚問題について話すカイヤ

 今度は本気だ!――。タレントのカイヤ(年齢非公表)が夫・川崎麻世(51)との離婚問題について激白! カイヤは7日、都内で映画「シン・シティ 復讐の女神」(10日公開)の公開記念トークショーに出席後、本紙に胸中を明かした。これまでは「子供のために」と我慢し続けてきたカイヤだが「麻世から『何も話すな』と言われ気持ち悪くなり吐いた」と告白。さらに「麻世とはエッチしたくない!」とついに三くだり半を突きつけた。

 別居中の麻世は昨年11月、「30代の愛人女性と同棲し、妊娠、ポイ捨てした」と女性誌に報じられた。報道を受けカイヤはワイドショーの直撃に答え、さらに年末の特番では「来年中に麻世と離婚する」と言及した。

 この日も「今まで浮気したことなかったけど、昨年は爆発した。今年は麻世の上を行こうかな。一緒に住んでないし私は自由だよ。麻世とエッチしたくないし離婚する。ごめんね。結婚して幸せになりたいから」と、夫に三くだり半を突きつけた。

 それもそのはず。これまで長男(18)が「成人するまでは」と我慢を重ねてきたカイヤだが、度重なる麻世の女性問題のせいで、自分のみならず長女(25)や長男にも何度も迷惑がかかり、耐え切れなくなったという。

 関係者によると「麻世さんは一切子育てにかかわらないので、学校の行事などはすべてカイヤさんが出席する。麻世さんが問題を起こしては逃げ回り、マスコミ対応もカイヤさん。尻拭いはすべてしてきたが、子供の迷惑を考えない麻世の態度に、堪忍袋の緒が切れた」という。

 カイヤは本紙の取材に「あの報道を聞いてフラッシュバックが起きた。私も妊娠した時に、麻世から『俺の子じゃない。誰の子だ。産むな。おろせ』と言われたことを思い出したの。だから、報道が事実なら女性もおなかの子供を抱えて悲しかったと思う。麻世から何も話すなと電話がかかってきて、怖くなって気持ち悪くなった。吐いてしまった」と明かした。

 加えて今春から結婚・離婚カウンセリング、セックスカウンセリング、ダイエットなどの内容を講演するプロジェクト「RE=Smart」を本格展開させるにあたり、その前にけじめをつける狙いがあるようだ。

「カイヤさんはテレビの猛女のイメージと違い、実際はまじめで優しく、男性に尽くすタイプ。だが、家族のことを思って離婚していないことが、世間に誤解されてしまっている」(前出の関係者)。そこで心機一転し、一からの出直しを図る。

 占い師のゲッターズ飯田(39)からはこの日「カイヤさんはまじめで、男性に尽くしすぎて浮気されるいい女すぎる。今はモテ期。来年、再来年に金持ちで誠実ないい男が出てくるので、そこで結婚すればいい。今年はたくさん遊ぶと運気が上がる」とアドバイスを受け、「来年には麻世さんが戻ってくる。情に弱いので長引くと元サヤになる」と注意もされた。

 だが、今回ばかりはカイヤの意志も固い。「いま交際している人と結婚して幸せになりたい」と話しているうえ、RE=Smartは「日本の悩める女性たちを救いたい」とカイヤが長い間温めていたアイデアで、絶対に成功させたいとの思いが強いという。近いうちに離婚のXデーが訪れそうだ。