IKKO向上心「商品の売れる“女”になる」

2015年01月07日 18時10分

IKKO(左)とグランプリを受賞した佐藤乃莉

 美容家でタレントのIKKO(52)が7日、「初代キュットガールコンテスト」グランプリ発表イベントに特別審査員として出席した。

 同コンテストは全国の美脚自慢が応募し、3人による最終選考を行い、グローバルな役者を目指している佐藤乃莉(30)がグランプリを受賞。

 トークセッションを行ったIKKOは、佐藤に対して「1年の積み重ねを考えながら自分の美をプロデュースしてほしい。内面の柔らかさを強調していくといいかな」とアドバイスする。

“美のカリスマ”と呼ばれるIKKOだが、年齢にはかなわないようだ。「40代までは本当に痩せてた。50になった途端に、人生ってうまくいかないなぁって」と体重増加を嘆く。

 しかし、最近は気持ちをポジティブに変化させた。「幸せの角度を変えていこうと思って。劣化ではなく、重ねていくということ」とあくまでも前向きだ。

 美容商品のプロデュースなどで成功しているIKKO。今後も「いろんな勉強をして影響力のある、商品の売れる“女”になっていきたい」と、やり手の顔をのぞかせた。