「まるで本田みたい」変装下手・山岸舞彩グラサン姿で目立ちまくり

2015年01月09日 11時00分

サングラスを着用し、逆に目立ちまくっているという山岸

 夜の報道番組「NEWS ZERO」(日本テレビ系)のキャスター・山岸舞彩(27)に異変が起きている。昨年、アイスホッケー選手との「車チュー現場」を激写されたことがトラウマになっているようで、最近は正体がバレないように変装して出かけることが増えたとか。だが、そこは奔放かつ肉食系として知られる山岸。サッカー日本代表・本田圭佑(28=ACミラン)のようなサングラスを着用し、逆に目立ちまくっているという。

 

 

「ちょっと前に、オフの山岸を見たのですが、本田の代名詞のようなサングラスをかけ、街を闊歩していました。ミニスカではなかったのですが、妙にギャルっぽい格好で、すぐに山岸だと分かりましたよ!」と明かしたのは、ある芸能プロ関係者だ。なんともほほ笑ましいというか、おマヌケというか…。もっともテレビに出ているからには、山岸が顔バレしないように少々変装してもなんら不自然ではない。


 だが、「かつて山岸はあまり変装をしないタイプでした。それが顔を隠していたので、てっきり男と密会でもしているのかと思いきや、女性と一緒でした。よほどあの件で懲りたのでしょう」と前出の関係者。


 ここで出てくる「あの件」とは昨年6月、アイスホッケーの菊池秀治選手と、ファミレス駐車場に止めた車中でデート、キス&抱擁写真を「週刊文春」に掲載されたことだ。深夜とはいえ、パブリックな場で堂々とイチャついたことからも分かるように、山岸は基本的に隠し立てはしないタイプだった。