地下アイドル・仮面女子がオリコン1位の快挙!

2015年01月06日 04時00分

オリコン1位に輝いた仮面女子。笑顔で1番ポーズだ

 地下アイドル・仮面女子のシングル「元気種☆」(1日発売・デストロイレコード)が発売初週で13万2000枚を売り上げ、1月12日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:2014年12月29日~15年1月4日)で初登場首位を獲得。インディーズ女性アーティストとして史上初の首位に輝いた。


 これまでインディーズ女性アーティスト(ソロを含む)の最高位は、アイドルグループ・3Bjunior「七色のスターダスト」(2014年1月1日発売)の2位。インディーズアーティストとしては、モンゴル800「ヨロコビノウタ」(2003年)、ゴールデンボンバー「Dance My Generation」(2013年)、「101回目の呪い」(2014年)に続く史上3組目。


 仮面女子はアリスプロジェクトがプロデュースする3組の仮面アイドルユニット「アリス十番」(桜のどか、渡辺まあり、森カノン、早瀬愛夢、立花あんな、桜雪、川村虹花)、「スチームガールズ」(新矢皐月、神谷えりな、小柳朋恵、黒瀬サラ、澤田リサ、朝倉彩花)「アーマーガールズ」(愛沢美奈、黒木ひなこ、天木じゅん、窪田美沙、月野もあ)の18人による統合ユニット。「最強の地下アイドル」と呼ばれ毎日、東京・秋葉原の常設劇場でライブを行っている。


 2013年3月、アリス十番とスチームガールズの2つのユニットで仮面女子としてスタート。第1弾シングルは「仮面女子」(オリコンウイークリー13位)、そして同年12月発売の「妄想日記」で同4位を記録した。同年12月31日に結成されたアマガが加わりパワーアップ。仮面女子として、約1年ぶりの新曲は1枚500円(4曲入り、カップリングが異なる12タイプを発売)。ワンコイン戦略もあり、劇場に通うファンだけでなく、全国のCDショップで販売数を大きく伸ばした。


「オリコン1位を取れなかったら解散する覚悟」と語っていたリーダー・桜のどか(24)は「ごくわずかなアーティストさんしか取れない1位を、私たち地下アイドルが、インディーズ部門じゃなくて、総合の1位だなんて本当にびっくりで信じられないです。でも、この曲にかけて命を削ってきたので、(1位を)信じていた気持ちもあった。どこに出しても恥ずかしくない楽曲。これをきっかけに日本中の方に元気を届けていきたい。ここに至るまで、ファンの応援やお店のセールスなど、みんなの愛をいただいた。私たちが行けなかった地域では、ファンの方が元気種☆のショップでの様子、展開の様子をツイッターで報告し、拡散してくれた。今度は私たちが、お礼を兼ねて全国を回りたい」と、喜びを語った。


「最強の地下アイドル」を実証した仮面女子の目標は「紅白出場」だ。

YouTube Preview Image