アニメ媒体じゃできない!2015ブレーク声優をガチ予想

2015年01月02日 16時00分

昨年ブレークした雨宮天

 年をへるごとに増している声優人気。ファンのアイドル的な熱狂度の高さは、本職のアイドルファンも顔負けだ。しかし業界には閉塞的な一面があり、仕事に大きな支障が出るためアニメ媒体ではなかなか言えないという現実もある。そこで東スポWebでは声優業界に精通する3人の業界関係者による覆面座談会を開催。しがらみなしで真剣に2015年のブレーク候補を予想してもらった。

(A=アニメ雑誌ライター、B=アニメサイト編集者、C=アニメ音楽関係者)

 

 

 

 声優はヒット作の2クール後が大事

 ――2014年は「週刊ヤングジャンプ」のグラビアも飾った内田真礼や、その美貌ぶりでも話題の雨宮天がブレークしたといえますが、2015年に向けてはどうでしょう

 

 A:難しいなあ。声優ファンが聞いたら「そうじゃないだろ!」とかいうだろうし。

 

 ――そういうファンの思い入れは気にしなくていいです。あくまで業界の人の目で

 

 A:そうなんだ(笑い)。

 

 :だったら種田梨沙はいいんじゃない。野球でいえば10勝くらいする感じがする。

 

 :2012年「新世界より」で初のヒロインをやって3クール。去年やった「ストライク・ザ・ブラッド」は2クール作品なんだけど、2クール目からアニメの人気が上がってきて、今年引っ張りだこに。役者としての伸びが一番高い。

 

 B:数えきれないくらい2014年は出たよね。本当に恵まれていた。来年あればブレークだね。

 

 C佳村はるかもくるかも。もともと「アイドルマスター シンデレラガールズ」の基盤があった上に、今年は「SHIROBAKO」「天体のメソッド」があった。来年1月からはアニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ」が入ってくるので間違いなくいいポジション。今オーディションをやっているアニメが始まる来年4月、7月の新番組でどれだけレギュラーを取ってこられるか。

 

 :声優はヒットしたアニメでオーディションのオファーが来るから、いい役を取った後の2クール後以降が大事。アイム(エンタープライズ)はこの声優を推すよというのが分かりやすくて、2014年が佳村。必ずオーディションにも、イベントにも、CDにも入れてきていたし、それが来年結びつくかどうかは注目かな。

 

 C:事務所でいったらホリプロ勢はどう。