大久保佳代子 噂の年下彼氏とは「微妙な関係」「Xマスは会わない」

2014年12月23日 19時01分

左から藤原亜紀乃、大久保佳代子、高橋蘭

 お笑いコンビ「オアシズ」の大久保佳代子(43)が23日、東京・港区のヤクルトホールで行われた、借金返済ユニット「ザ・マーガリンズ」の1stライブに出演した。

 同ユニットのGMを務める大久保は、国立大卒で長年、堅実にOL生活をしていた。その経験から「持ち歌は2曲だし、ビジュアルも地味。皆チケットのノルマ100枚を手売りで頑張ったけど、ライブはまだ早い。無謀だよ。赤字になったら年を越せないんだから。こんな時期に誰が見に来るのか」と警鐘を鳴らした。

 メンバーの借金総額は1億3070万円。アイドル活動のためバイトができなくなったメンバーは、借金が減るどころか増えているという。

 大久保は「スタイルはバラバラ。顔も飛び抜けていいわけじゃないし、水商売に手を出すんじゃないかという悲壮感がある。5年後に誰か軽いAVに出てるかも」と指摘した。

 半面、大久保本人は貯金が1億円を突破。「私は着々とね。100万円くらいはポンと貸せるが、甘やかしちゃダメ」とメンバーを突き放すと、「私はクリスマスに向けて胸は張ってくるし、お肌はピチピチになるし。あ、今音声さんのマイクが下から私を狙ってる」などとエロキャラ全開だ。

 50万円のバイクを貢いだ年下の彼は「会いたい時に会える、触りたい時に触れる微妙な関係」とか。「そのバイクには私しか乗ってないはずなのに、ヘルメットのサイズが変わっていた。それでも別にいい。クリスマスはその人には会わない。マネジャーとご飯に行く」というあたり、ただのセックスフレンドのようだ。

 結婚願望は「そんなにない。タイミングかな。私は結婚した後に『実は籍入れてました』と言いたいほうなので。でも、周りがバババッとし始めたら意識するかな」。今後については「来年は長野にでも、3000万円くらいの別荘をポンと買ってゆっくりしたい」と余裕の表情で語った。