花澤香菜「サイコパス2」最終回直前コメント「朱ちゃんはまだドーンとでっかいものを背負う」

2014年12月17日 17時50分

花澤香菜

 現在、フテレビアニメ第2期が放送中の「PSYCHO-PASS サイコパス 2」が12月18日の放送を皮切りに、最終回を迎える。主人公の常守朱役を務める花澤香菜のオフィシャルコメントが到着した。

 

 ――全11話のアフレコを終えた今の率直な感想は

 

 花澤:ホッとしました(笑い)。2期では1期に比べて朱ちゃんが背負うものがすごく大きくなって、私自身が朱ちゃんについて考えることも多くなって、収録している期間はずっと気持ちが張りつめていたというか。なので、収録が終わって、まずホッとしました。でも終わってしまってやっぱり寂しいですね。

 ――2期の収録に臨むうえで考えていたことは

 花澤:2期では狡噛さんがいなくて、朱ちゃんがみんなを引っ張っていかなきゃいけない立場になって。1期で狡噛役の関(智一)さんが本当に素晴らしいお芝居をされていて、その背中を追ってやっていたというか。ああいう風に現場でできていたら一番いいんだろうな、と思っていました。下ネタを言うとかではなくて(笑い)。

――朱は1期から2期ですごく成長している姿を見せた。演じるうえで心がけていたことは

 

 花澤:1期で演じていたことは私の中にちゃんと残っていて、そういう部分を大切にしながら、彼女がずっと持っている「心の綺麗さ」とか「自分のことよりまず他人のこと」というところとか、そういう大事な部分はちゃんと持っていようって思いながらやっていました。あと、2期は次から次へと事件が起こっていったので、それにどう正面から向き合っていくかを考えながら演じていましたね。

 ――2期では朱に降りかかるものもすごく大きく、重くなりましたよね。

 花澤:はい。その中でも、やっぱりお婆ちゃんがああいうことになってしまったのがすごく重かったです。1期の時から、朱ちゃんがお婆ちゃん子だっていう設定はありました。いつか家族が登場するかも、ということを塩谷監督がにおわせていたんです。やっと心が休まる、素の朱ちゃんでいられる人が出てきた!と思ったら…。