「道端3姉妹」の“株価”急落

2014年12月18日 11時00分

評判を落とし始めた道端3姉妹の長女カレン

 モデルの道端カレン(35)、道端ジェシカ(30)、道端アンジェリカ(29)の「道端3姉妹」の“株価”が急落している。

「道端3姉妹」は、スペインとイタリアのハーフで現在アルゼンチン国籍の父、元モデルの日本人の母を持つ(ただ、両親は2007年に離婚)。パーフェクトボディーで女性人気に支えられているが、今年に入って評価を下げたというのだ。

 T173・B82・W60・H87で2人の男の子を育てるシングルマザーのカレンは2月、トーク番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)に出演。“未婚の母”である理由を「最初からシングルマザーでいこうと思っていた。結婚した人だけが子供をつくるとか、そういう順番が必要とは感じていなかった」と赤裸々に明かした。

「父親の国籍のアルゼンチンとか南米では、10代のシングルマザーも結構いる。でもここは日本。“未婚の母”である理由が“計画的”だったと分かり、彼女の支持層であるF1層(20~34歳の女性)から反発を買った。番組のキャスティングリストから外されるようになっています」(テレビ関係者)

 T173・B85・W59・H90のジェシカは、F1ドライバーのジェンソン・バトン(34)と婚約。今月29日にハワイで挙式するとささやかれる。“結婚特需”に乗り、今月に入ってすでに3本もイベントに出演したが、「イベントで結婚に関する発言をせず、このネタで引っ張っている」とワイドショー関係者。ネット媒体では“結婚発表するする詐欺”と叩かれる始末だ。

 T174・B86・W60・H88のアンジェリカは天真らんまんだが、奔放さが度を越え始めた。ある屋外イベントでのこと。「イベント中に雨が本降りになった瞬間、『もうムリ~!』と一目散にテントに退散したんです」と芸能関係者。

「寒いのが苦手なのか、屋外の仕事だと不機嫌になりやすい。モデルは仕事柄、ミニスカ&生足で出演することが多いけど、2月に寒空で行われたイベントでも終始ブ~タレていた」(同)

 調子に乗りすぎると痛い目に遭いそうだ。