「1年前に卒業発表」高橋みなみの肉体と精神

2014年12月10日 07時30分

1年後の卒業を発表する高橋(C)AKS

“鬼が笑う”発表の深~いワケとは――。AKB48の1期生メンバーで、総監督の高橋みなみ(23)が8日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた同劇場9周年記念公演で卒業を発表した。10周年を迎える来年12月8日をメドにグループを卒業するが、なぜ1年前のこのタイミングで発表したのか? 舞台裏を探ると、グループ活動への苦悩と、ソロ歌手への熱い思いがあった――。

 ラスト1曲を残し、ステージに登場した高橋は「ここで一つ、私から発表させてください」と切り出すと、「私、高橋みなみは2015年12月8日をメドにAKB48を卒業します」と宣言した。

「私はAKB48グループの総監督です。メンバーに(監督業務を)引き継ぐ時間と猶予をいただくために、このタイミングで発表させていただきました」と涙ながらに報告。総監督の後継者にはAKB48の「ゆいはん」こと横山由依(22)を指名し、「彼女は私にとって素晴らしい後輩。頑張ってほしいし、1年間で私もバトンを引き継いでいきたい」とエールを送った。

 第1期生の高橋はグループの精神的支柱として活動。秋元康総合プロデューサー(56)から「AKB48とは高橋みなみのことである」と言われるほど、スタッフからも信頼を得てきた。

 それだけに、卒業となればグループに与える影響は大きいが、なぜ1年も前の段階で高橋は発表することにしたのか? 引き継ぎにそれほど時間がかかるとも思えない。根底にある理由についてAKB関係者は、まず高橋には過度な負担がかかっていたことを挙げた。

「総監督就任後、高橋はできるだけ後輩メンバーと1対1で話し合いの場を持つなど、リーダー像を模索してきた。コンサートでは300人を超えるメンバーを前に1人で拡声器を使って、動きを確認。スタッフにも『これはこうしてください』などと指示している。影響力は絶大でスタッフの指示を聞かないメンバーも高橋の言うことは聞く。高橋におんぶに抱っこの状況だった」(同)

 時には「大人がしっかりしてください!」とスタッフに号泣しながら訴えたことも。メンバーが仕事上でトラブルを起こせば、関係各所に対して「すいませんでした」と真っ先に頭を下げることも多かったという。

 こんな立場に「いつからか、私はメンバーじゃなくスタッフになっていた」と高橋は苦悩し、8月の東京ドーム公演前には「AKBを嫌いになっているときに辞めたくない。一番好きな状態で卒業したい」と言及。「今年の選抜総選挙に出るか出ないか、ギリギリまで悩んでいた。夏に“激ヤセ”が伝えられたが、実際に体調不良もあった。プロ意識の高い彼女は、仕事では苦しい顔を見せませんが満身創痍。周りが見て、痛々しいほどだった」(同)

 総監督として精神的にも肉体的にもギリギリまで追い込まれた高橋が、卒業という決断をしたのは当然とも言える。すぐではなく1年後とした意図は「“自分はあと1年でいなくなる”と伝えることで、メンバーの奮起や成長を期待しているはず」(同)。

 また、別のスタッフは「卒業してソロ歌手として勝負したいという思いもあったはず」と語る。

 高橋は昨年4月、「Jane Doe」(ビルボード日本チャートで週間1位)でソロデビュー。好セールスを記録したが、2ndシングルはいまだに発売されていない。
「総監督として忙しすぎて、ソロ歌手として活動する時間を取ることが難しかった。実は昨年、高橋が秋元さんやレコード会社関係者らに送った年賀状に“ソロ歌手への熱い思い”を書き、2ndシングル発売へ自ら働きかけた」(同)

 ソロ歌手が夢である高橋は総監督として頑張れば頑張るほど、“夢への通過点”というAKB48のコンセプトから離れてしまう、という不安もあったようだ。すでに新シングルの製作は進行中で、来年にはソロ歌手としての高橋が見られそうだ。