「流れ星」ちゅうえい 「本物のガンダムだ!」と指摘され困惑

2014年11月29日 16時10分

流れ星のちゅうえい(左)と瀧上伸一郎

 お笑いコンビ「流れ星」のちゅうえい(36)と瀧上伸一郎(35)が29日、千葉・ユアエルム八千代台店で行われた「ユアエルム presents with you AUTUMN FESTIVAL」に登場した。

 現在ブレーク中の流れ星。300を超える一発ギャグを持つボケ担当のちゅうえいは「街中で、一発ギャグのフレーズで呼ばれるようになりましたね」とブレークを肌で実感している様子。

 ただし、まだ“人”として認識されることは少ない(?)ようで、「(一発ギャグの)ガンダムとかラジオ体操とかエヴァンゲリオンとか、そういうギャグの名前で呼ばれてます。子供連れのお母さんからは『本物のガンダムだ!』と呼ばれましたけど、本物じゃないんですけど…」と困惑を隠せない。

 一方、ツッコミ担当の瀧上はピンでも活躍する相方とは違って、暇を持て余しているという。「高校時代にしていた剣道をまた始めたんですよ。体がなまって、ちゅうえいが1人の仕事が多くて、僕は暇なので」

 剣道は二段の腕前で、「大会にも出たんですよ。名門の道場で、僕は団体戦の四軍でやらせてもらったんですけど。まあ、1回戦で負けましたけどね…」と明かした。

 来年の目標について、瀧山は「ちゅうえいがピンで頑張っているので、僕も目立っていきたい」とマジメにコメント。ちゅうえいも「2人で面白いと思ってもらえるように頑張りたい」とコンビでの大ブレークを誓った。

 また、テレビ朝日系で放送中の戦隊シリーズ「烈車戦隊トッキュウジャー」の主題歌を歌う伊勢大貴(23)が、同曲ほか全2曲を披露した。