テイラー・スウィフト「人生の大失敗」が仕事に最大限生きた

2014年12月01日 07時00分

 実力、人気ともに今や絶好調の歌姫テイラー・スウィフト(24)が、英人気ファッション誌「ASOS」の2015年新年号に登場。インタビューで「人生の大失敗が、仕事で最大限に生かされた」と話した。


「もちろん傷つきたくないし、恥ずかしい思いをしたり、ゴシップを書き立てられたりもしたくない。でも自分が犯した過ちから教訓を学んだし、それが仕事で大成功につながったことも確かよ」


 テイラーは過去3枚のアルバムすべてが発売1週間でミリオンを達成。ツアーすべての公演でチケットが完売するなど、飛ぶ鳥を落とす勢い。若い女性ファンを魅了する理由は、失恋を歌った歌詞にありそうだ。


 大ヒットシングル「トラブル」は英人気ボーイズグループ、ワン・ダイレクションのハリー・スタイルズ(20)との破局を歌ったもの。同様に「バック・トゥ・ディセンバー」は、映画「トワイライト」シリーズで人気を博した俳優テイラー・ロートナー(22)への謝罪の気持ちを歌った曲だ。


 その他にも米ポップグループ、ジョナス・ブラザーズのジョー・ジョナス(25)や、米ロックギタリスト、ジョン・メイヤー(37)、米俳優ジェイク・ギレンホール(33)ら、次から次へと現れる恋人と破局するたびに、そのことを歌にして大ヒットを重ねてきた。


 テイラーは自身の失恋を「大きな過ち」と表現し、「仕事の大成功」はそれについて歌った曲が大ヒットしたことを意味するのは明らかだ。


 インタビューでテイラーは交友関係についても熱く語った。


 親しい友人の多くは“同業者たち”で、テイラーのファッションはすべて彼女たちの影響とか。よく知られている親友は、“盟友”の歌手ロード(18)や同セレーナ・ゴメス(22)、人気テレビ女優サラ・ハイランド(24)ら。


「服を選ぶ時、友達がどう思うかを最初に考える。私の人生で、今は友達の意見が一番重要なの。ハリウッドセレブの多くは、いつも自分を肯定してくれる取り巻きに囲まれてるわ。でもそんな連中は仕事もせず、何の情熱もない人ばかり。私はそんな人たちに全く興味はないから」とテイラーは言い切った。