RG宣言「矢口さんのために」R—1でミニモニネタ披露

2014年11月28日 14時43分

ネタを明かしたRG(右からやまもとまさみ、Pepper、スギちゃん)

 28日に都内で行われたピン芸人ナンバーワン決定戦「R—1ぐらんぷり2015」の開催発表会見には、レイザーラモンRG(40)や昨年優勝のやまもとまさみ(40)らも出席した。

 RGはカツラをかぶり、ロック歌手・佐野元春になりきって登場。「もうネタをオープンにするが、今年はミニモニの『ジャンケンぴょん』の歌詞をただ朗読する。矢口(真里)さんのために。勝ち上がったら格闘家・角田信朗さんの歌を読む」と不敵な笑みを浮かべる。

 すると唐突に「ここはちゃかさないで」と周りを制すると、先日亡くなった元「キャロル」の伝説的ロッカーであるジョニー大倉さん(享年62)に対し「病気を克服してもう一度ステージに立つ姿を見て、心を打たれた。魂を継いで頑張りたい」と言葉を贈り、故人をしのんだ。

 また、優勝賞金500万円を手にしたやまもとは「木造から鉄筋に引っ越して床暖房を導入した。電源の切り方が分からなくて夏もつけていたので、低温やけどしそうになった。優勝前はバイトを3つやっていたが、今は1つになった。連覇は当然。目標は3連覇。連覇したなだぎ武さん(44)を超えたい。今年は去年より自信がある」とコメント。

 エハラマサヒロ(32)は、今回出場するソフトバンクのロボット「Pepper」を「顔芸はできないけど、絶対にかまないし、セリフが飛ばない。僕らは大部屋だったが、彼だけ楽屋が別だった」と警戒しながらも「2月に3人目の子供が生まれる。優勝と同時にパーッと生まれてくれたら」と、我が子のために優勝を誓った。