大物政治家が地下アイドル・仮面女子を“応援”

2014年11月27日 19時34分

仮面女子を激励した枝野氏

 人気地下アイドルグループ「仮面女子」が27日、都内で民主党・枝野幸男幹事長(50)の街頭演説に“乱入”した。

「私はアイドルファン」と公言する枝野氏は、若い層へのアピールのために“オタクの聖地”秋葉原で街頭演説を行った。そこに以前、岸和田だんじり祭のイベントで枝野氏と交流を持った仮面女子が応援に駆けつけたのだ。

 メンバーが額に「枝野」と書かれた特製仮面とメンバーのサイン入りTシャツ、あきばサンダルをプレゼントすると枝野氏は「ありがとう。使います」とニッコリ。

 その後、メンバーが仮面をとり「私たちの中で誰を推しメンにしてくれます?」と迫ったが、枝野氏は「すぐには決められない。劇場で決めます」と即決せず、秋葉原の常設劇場への来場を約束した。

 枝野氏と初対面だった森カノン(24)は「優しくて、イメージ通りでした」と印象を語り、リーダー・桜のどか(24)は「この後(ライブ)も頑張ってねって、応援してもらいました」と逆に応援され、感激していた。

 民主党が次の衆院選に懸けているように、仮面女子も今後の飛躍に強い思いをみせている。桜は「次のシングル(1月1日発売)でオリコン週間ランキング1位、地下アイドルとして(来年の)紅白出場を目指します」と、2つの「公約」を掲げた。