【紅白】初出場HKT48指原が「私たちのライバルはV6さん」と宣戦布告

2014年11月26日 18時03分

中継で会見に出席した指原(右から2人目)

 大みそか恒例の「第65回NHK紅白歌合戦」の出場歌手発表会見が26日、東京・渋谷区のNHK放送で行われ、福岡・博多を拠点とするアイドルグループ「HKT48」初の単独出場が決まった。

 

 仕事の都合で、HKT躍進の立役者である指原莉乃(22)は宮脇咲良(16)、兒玉遥(18)、森保まどか(17)と中継で会見に出演。前日25日までHKTに関する内定報道はなかっただけに、指原は「まさか本当に出られると思わなくて…。スケジュールを取ってもらっていなくて、そちらに行けずに残念」と驚きの表情を浮かべた。

 

 さらに気を取り直した指原は「私たちのライバルはV6さん。出場できず、毎回悔しい思いをしてたのでナンバーワンを狙っていきたいと思います!」と宣戦布告。今年20周年イヤーで、同じく初出場を果たしたV6の井ノ原快彦(38)は「基本は仲良くしたいですけどね」と笑いながらも「やっと親孝行できるなという気持ちもありますし、ファンのみなさんにも恩返しできるなと思う」と意気込んだ。

 

 会見に出席したチームHキャプテンの穴井千尋(18)は「スタッフさんや家族、もちろんファンのみなさんの応援があったからだと思うので、恩返しできるように頑張りたい。どこのグループにも負けないように、元気に飛び跳ねたいと思います」と意気込んだ。