• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > ジャニーズ中国進出が頓挫


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャニーズ中国進出が頓挫


 沖縄・尖閣諸島に香港の活動家らが上陸、これを受けて日本の地方議員らが上陸したことで、中国で反日デモが広がっている。この余波を日本の芸能界で最も受けるのがジャニーズだ。中国版ジャニーズ計画をはじめ、現地でのドラマ撮影まで、もろに直撃しそうだ。

 ここ数年、ジャニーズはアジア圏、特に中国をメーン市場と位置付け、友好関係を築いていた。

 5月には事務所社長のジャニー喜多川氏(80)が「中国版ジャニーズ」のプロデュースを宣言。中国側から「自分たちの国にも『ジャニーズJr.』のようなものを作りたい」というオファーがあり、ジャニー氏は「OK! オーディションをしてもいいYO!」と快諾。早ければ11~12月に行われる「Hey!Say!JUMP」の舞台で「中国版ジャニーズ」をお披露目するつもりだったという。

「仕事で訪れた香港では世界的アクションスターのジャッキー・チェンにも会って、協力をお願いしたと言われています」とは音楽関係者。だが、現時点ではとても日中が芸能ビジネスを展開できる状況ではない。

 それどころか、ジャニー氏お気に入りの「Hey!Say――」山田涼介(19)が主演する今冬放送予定のスペシャルドラマ「金田一少年の事件簿」(日本テレビ)にも、とばっちりが…。テレビ関係者の話。

「来月クランクインなのですが、問題は撮影の大半を香港で行うこと。現地の役者やスタッフも大量に起用するとか。しかし、この状況では白紙撤回も考えられます」

 思い返せば、一昨年9月にもSMAP初の中国コンサートが尖閣諸島での中国漁船衝突事件で延期になった。ジャニーズは中国に振り回される運命にあるようだ。

 

マッチ肝いり「パンダ貸与」断念か

 

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!