武田久美子 離婚調停は「9合目」早くも再婚を意識?

2014年11月24日 16時24分

現在、離婚協議中の武田久美子

〝貝殻ビキニ〟で一世を風靡した米国在住のタレント・武田久美子(46)が24日、都内で、著書「KUMIKO BIBLE」(角川書店)の発売記念イベントを行った。


 現在、離婚協議中の武田は「(離婚は)来年頭くらいになると弁護士に言われている。今は8・5合から9合目。娘には『今は再婚相手は誰もいないし、一生あなたと一緒にいる』と言ったら安心していた。普段はこんなにきれいな格好をしていないし、本当に出会いはない」とコメント。


 その一方で「自分の中では29歳で止まっているし、バレエで体を動かしているので昔よりパワーアップしている。テレビの特番で、私と同じ境遇の仲間を集めるのでお見合いさせてくれないかな。いつでも帰ってくるので」と、早くも再婚に期待しているようだ。


 この本は武田の女としての教訓をまとめたもの。「私は動物的な直感だけで生きてきた。貝殻ビキニもそう。その後に魚をぶら下げたりしたが、はしにも棒にもかからなかった。人間は計算してやっちゃいけない、特に私のような人間は。ぜひ、10代から20代の女性に手引書として読んでもらいたい」とPRした。


 愛娘はフィギュアスケート、バレエに打ち込み、武田は懸命にバックアップしている。「子供に一番強く出た遺伝は体つきかな。私も若い時は何を食べても太らなかった。将来は貝殻ビキニ? それじゃ、あまりにかわいそう」と苦笑い。


 そして「あの貝はホタテなの。ホタテはおいしいから好きだけど。私は14年後、赤のラメ入り貝殻を着ようと考えている」と目標を明かした。還暦を若々しく迎えるため、美の追求はまだまだ続く。