中川安奈さん「お別れ会」に堤真一、崔洋一ら550人

2014年11月24日 16時14分

中川安奈さんの遺影

 子宮体がんのため10月17日に49歳で亡くなった中川安奈さん(本名=栗山安奈)の「お別れの会」が24日、東京・青山葬儀所で行われた。

 

 この日の「お別れの会」には市村正親、佐野史郎、永島敏行、小日向文世、岡本健一、高橋和也、堤真一、阿部寛、長谷川博己、崔洋一、熊谷真実、真琴つばさ、安蘭けい、ら550人が参加した。

 

 お別れの言葉を読んだ熊谷は「フェイスブックの最後の更新が10月14日で、亡くなるちょっと前まで更新されてたから、お元気だとばかり思っていた。もっといっぱい話せばよかった。もっといっぱい会えばよかった。残念でなりません」と、言葉を詰まらせた。

 

 自身の監督作「Aサインデイズ」で中川さんを主演に抜てきした崔は、「初めて会ったとき、素直な子だなと思った。これまでに見てきた女優とは明らかに違う人だった。まだ若すぎます」と、故人の死を悼んだ。

 

 中川さんの夫で舞台演出家の栗山民也さんは「安奈はとても明るくて、でも頑固で、一生懸命な人でした。妻に選んだことを誇りに思います。49年間必死に生きた安奈に対し、カーテンコール。ありがとう、安奈。拍手!」。天国の中川さんに参加者全員でカーテンコールを送った。