前田敦子 黒のワンピースで大人の魅力全開

2014年11月23日 19時08分

大人っぽい黒のワンピースで登場した前田敦子

 女優の前田敦子(23)らが23日、都内で行われた、映画「さよなら歌舞伎町」(来年1月24日公開)の舞台あいさつに出席した。

 

 黒の大人っぽいワンピース姿の前田に「あっちゃん」と男性ファンから声がかかる。「第15回 東京フィルメックス」の特別招待作品にも選ばれた同作は、歌舞伎町のラブホテルを舞台にした大人の群像劇。前田はラブホテルの店長を務める男(染谷将太=22)の彼女で、ミュージシャン志望の女を演じた。

 

「(ギターで)弾き語りをした。(撮影の)1か月前に『1曲丸々弾いて』と言われた。ギターを握ったことがないので、1か月みっちり練習して撮影に入った」(前田)

 

 ラブホの清掃員のおばさん役を演じた南果歩(50)は「清掃員の方にテクニックを教えてもらって、町田のホテルでそうじしました。足と手を同時に使う方法を見てください」と話す。前田によると「すごい格好いい」らしい。

 

 また、前田は「プライベートでは歌舞伎著には行かないですね。ゴールデン街も…うーん。あまり行かない」と述べ、作品の舞台となった歌舞伎町への思い入れは微妙のようである。

 

 廣木隆一監督(60)は前田と南の起用にあたっては「難しい役だし、いいところもない役なので、本当に出てもらえるだけでありがたかった」と語った。