二階堂ふみ 映画プロデューサーに「恩返し」誓う

2014年11月22日 20時04分

映画「日々ロック」の舞台あいさつを行った二階堂

 俳優の野村周平(21)と現役慶大生女優の二階堂ふみ(20)が22日、大阪市内の劇場で、映画「日々ロック」(入江悠監督)の公開初日舞台あいさつを行った。

 

 さえないロックンローラー(野村)と酒乱で凶暴なトップアイドル(二階堂)の青春ロックムービー。舞台あいさつではタイトルにかけて「日々していること」を語った。

 

 野村は「日々、麺」だといい、「週4で同じラーメン店に行く。そこはスタンプがたまるので、たまると結構いい特典が付くので」と庶民派の一面を明かした。

 

 一方、二階堂は「日々、課題です。大学に通っているので何かと追われています」と学生らしい回答。今春に慶大に入学し、同時期に撮影が行われたため、「1個、課題で全然分からないところがあって、それをプロデューサーの方に現場の待ち時間で手伝ってもらった。恩があるので、またそのプロデューサーの方が呼んでくださるなら、いつでもどこでも飛んでいこうかな」と宣言し、会場を笑わせた。