「風男塾」元メンバー原田まりる 哲学作家デビュー

2014年11月21日 21時18分

哲学作家デビューした原田まりる

 男装アイドルユニット「風男塾」元メンバーの原田まりる(29)が作家デビューし21日、初の著書「私の体を鞭打つ言葉」(サンマーク出版)の刊行記念トークショー&サイン会を都内で行った。
 
 高校時代に哲学に興味を持ち、アイドル活動中も学んできたという。
 
 芸能界入りした後、アイドルユニット「中野風女シスターズ」、男装アイドルユニット「風男塾」として活動してきたが、「アイドルは2か月で向いていないと気づきました。哲学はつらいときの励みでしたね」と苦笑いで振り返る。
 
 現在は月2回程度「哲学カフェ」を主催し、哲学を応用したカウンセリングなども行っている。
 
 群雄割拠のアイドル界でも現役、OB含めてアイドルが哲学書を出すのは史上初。
 
 原田は「グループは卒業しましたが、“哲学アイドル”として活動していくのもいいですし、作家としてもやっていけたらといいですね」と野望を明かした。