「スッキリ!!」BPO審理入り ライン府議報道の「キモい」発言で

2014年11月19日 16時51分

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会は19日、無料通信アプリLINE(ライン)で女子中学生を威圧するようなメッセージを送った山本景大阪府議(34)が、日本テレビ系情報番組「スッキリ!!」の報道を人権侵害だと申し立てていた問題について、審理すると発表した。

 

 8月11日の同番組で、大阪維新の会(当時)の山本府議が地元中学生とトラブルになった問題を取り上げた際、コメンテーターのテリー伊藤氏が「こいつキモいもん」などと発言。翌12日に山本府議は人権侵害にあたると抗議し、番組内で謝罪・訂正するよう求めたが、日テレ側は拒否した。

 

 このため、山本府議は同日、申立書をBPOの放送人権委員会に提出。申立書では、テリー氏のコメントにより、ツイッターやブログに多数の「キモい」を含む誹謗中傷が寄せられたほか、電話も多数寄せられ、府議としての活動に支障が生じたとしている。

 

 これに対し、日テレは11月5日に放送人権委員会に「経緯と見解」とする書面を提出。「元々山本府議に対して『キモい』と感じたのは中学生であり、そう感じさせた一連の行為を山本府議本人も不適切だと自認している中で、今回のテリー伊藤氏のコメントが侮辱罪にあたるという山本府議の主張には正直、当惑せざるを得ない」と主張した。

 

 また、同じ問題で、TBSラジオの深夜番組「JUNK おぎやはぎのメガネびいき」の審理入りも決まった。