井川遥を伊集院静が口説かないワケは?

2014年11月18日 19時57分

伊集院氏

 女優の井川遥(38)、プロ野球ソフトバンクホークス新監督の工藤公康氏(51)、作家の伊集院静氏(64)が18日、都内で「ウイスキーヒルズアワード2014授賞式&イルミネーション点灯乾杯式」(サントリー酒類主催)に出席した。

 イベントはまさに伊集院氏の独壇場。「僕はただウイスキーを飲んできただけなんだけどね。今年で6回目? 声がかかるのが遅かったね」とイヤミ口撃でスタートすると「ウイスキーはお祝いでも、切ない席でも人間が必要とする。人間が作るあらゆる物の中でも、すごくよくできた物だと思う」と持論を述べた。

 ウイスキーについてひと言求められると工藤が「技術、肉体、精神を極めようとして野球をやっている。造っている方のことを思うと“極み”かな」。

 1児の母でもある井川は「子供が寝て一人になった時にストレートかロックでウイスキーを頂くのが、リラックスできる時間。“なごみ”かな」。

 一方、伊集院氏はウイスキーをチビチビとやりながら「本当につらい時はお酒が役立つ。僕にとっては女神。だいたい、女のことしか考えてないしね。今日は井川さんが出席されるというから出てきたんだから。危ないからとカミさんまでついて来ちゃって大変だよ」とまくしたてた。

 隣には胸が大胆に開いたドレス姿の“美しすぎる人妻”井川がいたが、女好きのはずの伊集院氏は、なぜかそちらに目を向けない。

 伊集院氏いわく「気をつけてる」とか。“女たらし”で知られる伊集院氏も、さすがに夫人の見ている前で人妻女優を口説くことはできなかったようだ。