ソフトB工藤新監督「ウイスキー似合う男になりたい」

2014年11月18日 19時55分

「日本一になるよう頑張りたい」と語った工藤新監督。右は井川、手前は伊集院氏

 プロ野球ソフトバンクホークス新監督の工藤公康氏(51)らが18日、都内で「ウイスキーヒルズアワード2014授賞式&イルミネーション点灯乾杯式」(サントリー酒類主催)に出席した。

 球界では数々の受賞歴を誇る工藤氏だが「こういう賞を頂くのは初めてで光栄。50歳を過ぎ、監督となって、よりウイスキーが似合う男になりたい」と緊張気味にコメント。

「ウイスキーを飲みながらじっくり試合を振り返ったり、長いシーズンをどう戦うか考えたり。あるいは勝って気分のいい時に、独り静かに部屋で味わいながら飲みたい。世界一は難しいかもしれないが、日本一という目標がある。あやかって日本一になるよう頑張りたい」。工藤氏は世界一に輝いた同社の製品を飲みながら、そう口にした。

 さらに「技術、肉体、精神的に極めようとして野球をやっている。手間隙、愛情をかけて造ってらっしゃる方のことを思うと、ウイスキーは“極み”かな」と格好良く締めくくった。

 イベントには女優の井川遥(38)、作家の伊集院静氏(64)も出席した。