山本耕史 ミュージカル製作発表で迫力の歌声披露

2014年11月18日 18時16分

山本耕史(右)と濱田めぐみ

 俳優・山本耕史(38)、女優・濱田めぐみ(42)らが18日、東京・港区の赤坂BLITZで行われたミュージカル「メンフィス」の制作発表会見に出席した。

 2010年にトニー賞4冠に輝いた米国のミュージカルが日本に上陸する。人種差別が色濃く残る1950年代、米南部のテネシー州メンフィスを舞台にしたストーリーだ。山本は白人青年、濱田は黒人歌手を演じる。

 観客が入ったこの日の会見で、山本らキャストは本編に出てくる歌を披露した。迫力ある歌声に拍手が巻き起こる中、山本は「僕らは1回しか稽古をやっていない。それでこのクオリティーですから、何百回と稽古をやったらどうでしょうね」とニヤリと笑って自画自賛した。

 濱田は「楽しんで楽しんで楽しみ抜いて、役に埋没できたらなと。(役作りのために)普段から低めの声でしゃべり、ノドになじませています」と明かした。

 2人のほかジェロ、JAY’ED、吉原光夫らが出演する「メンフィス」は来年1月30日〜2月10日まで東京・赤坂ACTシアターで、2月20〜22日まで福岡・キャナルシティ劇場で上演される。