健さん自宅前 近隣住民が手を合わせる

2014年11月18日 17時39分

 俳優の高倉健さんが都内の病院で10日に83歳で死去していたことを受け、東京・世田谷区の自宅前には、約30人の報道陣が集まった。

 

 ひっそりと静まり返った自宅前には時折、近所の住民などが訪れ手を合わせる姿も見られた。

 

 80代の男性住民は「私も健さんと同世代で、作品もほとんど見てきた。残念です」と話した。

 

 健さんが近所付き合いをしていた形跡はなかった。

 

 近所の主婦は「もう1年以上前になるかもしれないけど、健さんを見かけました。すれ違う時に向こうから会釈をしてくださったことを覚えています。その時は元気そうな姿だったんですけど…」と言葉少な。

 

 別の住民が「私は見たことはない」と話す通り、姿を見かけることもほとんどなかったようだ。

 

 私生活では「恐怖の空中殺人」(1956年)での共演をきっかけに、歌手の江利チエミさんと59年に結婚。71年に江利さんと離婚後は独身を通した。