AKB峯岸みなみを感激させた“エビ尽くし”

2014年11月17日 16時00分

誕生日サプライズに喜ぶ峯岸(C)AKS

 AKB48が47都道府県ツアーを開催中だ。AKB48のチームA、K、B、4の4チームが公演地を分担して回る形式で、15日に行われた大分公演は峯岸みなみ(22)がキャプテンを務めるチーム4がライブを行った。

 この日が22歳の誕生日だった峯岸はステージでバースデーケーキ、後輩メンバーから手作りのアルバムをプレゼントされ、「13歳でAKBに入って22歳になってまさか、いまだにこうしてステージで祝ってもらえるなんてうれしい。すごく幸せです」と感謝を口にした。ファンの前で感激の表情を浮かべた峯岸だが、見えない舞台裏でもスタッフたちの“気遣い”に感激していたという。

「スタッフもキャプテンとして頑張ってきた峯岸に少しでも喜んでもらおうと、ケータリングで大好物というエビを用意したんですよ。それも蒸したエビ、焼いたエビ、揚げたエビ、エビフライなどできる限り、いろんな料理をテーブルの上に並べた。小さなことかもしれないけど、峯岸も『ありがとう!』とうれしそうな表情で頬張ってました」(関係者)

 過去にはAKB握手会襲撃事件後、厳重警戒下で再開された7月の握手会でスタッフらがケータリングで、駄菓子屋や綿菓子屋を楽屋に出店し、縁日のようなムードを演出したこともあった。

「あの時はいつもと違う雰囲気に緊張気味のメンバーをリラックスさせようと考えました。ハードなスケジュールの中で、少しでもメンバーに元気になってもらえれば」とは前出の関係者。

 若手メンバー主体のチーム4の全国ツアーは12月10日に愛媛・ひめぎんホールで次回公演を開催。峯岸は「一日一日、一回一回で成長しているので、次も楽しみにしてください」と早くも気合十分だが、大好きなエビが活力になったのかも!?