半井小絵 過去の不倫報道聞かれ表情は晴れ→曇り

2014年11月15日 18時23分

「NHKニュース7」の元お天気キャスター・半井小絵(41)が15日、都内の書店でファースト写真集「雲の向こうへ」(イーネットフロンティア)発売記念イベントを行った。

 半井は2004年から7年間、同番組の天気予報を担当。「午後7時28分の恋人」と呼ばれ、中高年男性にアイドル的人気を博した。その人気はいまだ健在で、この日も主に中高年の300人のファンを集めた。

 写真集は富山を中心に撮影され、自信のある横顔のショットやセクシーなランジェリーでの大胆露出も収録。「ランジェリーは恥ずかしいと思った。けれど写真に恥ずかしさが写ると思い、思い切って撮った」

 今後について「バラエティー番組や、将来は演技をしてみたい」とメディアへの“露出”にも色気を見せた。

 人生初という囲み取材に戸惑いつつも終始笑顔を見せていたが、2011年に週刊誌で不倫を報じられた、阪神・建山義紀投手(38)の引退について聞かれると「ああ、そうなんですか」とみるみる表情は晴れから曇りに。

 あくまで友人関係だったといい「噂については報道が出た直後に正式に否定させていただいた通りです」と、今にも雷を落としそうな雰囲気で否定した。