小倉キャスターがアナ内定取消の笹崎さんにラブコール

2014年11月15日 11時00分

 来年4月入社のアナウンサー内定を取り消されたことを不当とし、日本テレビを提訴した東洋英和女学院大4年生・笹崎里菜さん(22)に対し、小倉智昭キャスター(67)が14日放送の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)でラブコールを送った。


 番組では一連の騒動を特集し、読者モデルだった笹崎さんの活躍ぶりなども紹介。小倉は「学生時代にこれだけかわいいってことは、アナウンサーになったらもっと光りますよ」と笹崎さんを絶賛し、自身が所属する芸能プロ「オーケープロダクションに来ませんか? お待ちしています」と呼びかけた。


 小倉だけではなく、芸能界も笹崎さんに注目しているのは確か。ある芸能プロ関係者は「これだけ注目を集めているし、それだけの逸材。興味があるって事務所は少なくないでしょう。デビューできれば、プロモーションをしなくても『ああ~この子ね』と多くの人が分かるからね。すぐには日テレに出られなくても、夏目(三久)の例があるように、日テレだって人気になれば使わざるを得ない。日テレを見返すというストーリーだって共感を持つ人もいると思うね」と興味津々。


 ただ、これだけ注目を集める裁判だけに、同関係者は「仮に日テレに入れても干されるのは目に見えているわけでしょ。だったら、アナウンサーとして活躍できない。そうなると、どこか、芸能プロの手が付いているというか、どこか行き先が決まっているというか、そう考えるのが普通。うがった見方をしちゃうよね」とも付け加えた。

関連タグ: