岩井志麻子 失踪した韓国人の夫に関し意外な情報

2014年11月14日 21時33分

映画の公開イベントに登場した岩井志麻子(右)と倉田真由美

 韓国映画「情愛中毒」の公開イベントが14日、都内で行われた。作家・岩井志麻子(49)、漫画家・倉田真由美(43)という、なんとも濃い2人によるトークショーが開催された。
 
 韓国の俳優、ソン・スンホンが主役で、不倫がテーマのストーリー。過激なベッドシーンもある。
 
 岩井は「(ソン・スンホンは)優等生すぎてエロい目で見たことはなかったが、こんな(エロい)映画に出てくれてどうしてくれるの?という感じ」と妙にうれしそうに語った。
 
 セックスや不倫をテーマにトークショーは進んでいったが、その中で倉田は「あまりそういう部分(イチャイチャするシーン)よりも、シチュエーションに萌える。『イヤなんだけど、仕方なく』とか好きなんです。上司のセクハラとか。これ性癖ですよね」とM体質を告白した。
 
 岩井といえば先日、韓国人の夫が失踪したことが話題となった。
 
 これまでも散々、東京MXテレビの「5時に夢中!」でネタにしてきたが、あまり注目されず。
 
 だが、フジテレビ系「ごきげんよう」で話したところ、一気に広まった。

「『5時に夢中!』と『ごきげんよう』では視聴者が違うというか、見ている人が違う。(夫は)大体どこにいるか分かるし、会おうと思えば会えるんですが…」

 実は“失踪ではない”との想定外の岩井の言葉に、観客は驚きを隠せない様子だった。