女子アナ内定取り消し裁判 日テレ側欠席の裏事情

2014年11月14日 16時36分

報道陣に対応する代理人の緒方弁護士

 東洋英和女学院大4年生・笹崎里菜さん(22)が、来年4月入社のアナウンサー内定を取り消されたことを不当とし、日本テレビを提訴した第1回口頭弁論が14日、東京地裁(芝本昌征裁判官)であった。

 訴状などによると、笹崎さんは昨年9月に日テレのアナ職に合格。だが、東京・銀座のクラブでホステスのアルバイト経験があったと今年3月に相談し、清廉性がないと問題視した同局から4月に内定取り消しを言い渡された。笹崎さんは「地位確認」を請求し、民事提訴した。

 注目の第1ラウンドは“アナの卵”の“不戦勝”だった。日テレ側は口頭弁論を欠席。ただ同局の争う姿勢と次回の弁論を来年1月15日に行うことを確認し、わずか5分ほどで閉廷した。

 笹崎さんの代理人である緒方延泰弁護士は報道陣の取材に対応。日テレ側の欠席を「反論を組み立てづらいのかなと思っている」と分析する。現状はやはり笹崎さんが有利だ。

 一方、公判期日が延び、訴訟の解決が、笹崎さんの来年4月入社に間に合わないことを危惧している。

「(第2回弁論は)12月に入るはずが、(日テレ側の)代理人の予定が立たないので1月(15日)になってしまう。引き延ばしか分からないけど、早めにやってほしい」と求めた。

 また、緒方弁護士は“写真”の存在を明かした。

 日テレ側はホステスのバイト時の写真を不安視していた(本紙既報)ようだが、「店(ホステス)で写真は撮っていたみたい」(同弁護士)。ただ客、店員の集合写真で、いかがわしい写真ではないよう。やはり日テレの強硬な採用撤回には疑問符が付く。

 緒方弁護士は「人間でも企業でも、間違えることはある。(内定)取り消しを撤回してもらいたい」と迫る。笹崎さんは「いい結果が出ることを祈っている。世間の皆さまをお騒がせして恐縮している」と話しているという。

 前例のない「2011年ミス東洋英和」とキー局の戦いは、始まったばかりだ。