眞鍋かをりを襲った“妄想モンスター”の恐怖

2014年11月14日 07時15分

ブログに殺害予告を書き込まれた眞鍋

 タレント・眞鍋かをり(34)に殺害予告した脅迫容疑で、警視庁赤坂署は青森県八戸市の無職・松橋一樹容疑者(39)を逮捕した。同容疑者は面識のない眞鍋を“恋人”と思い込み、数年前からメッセージを大量送信。それらをことごとく無視されたことで凶暴化し、最後は殺害予告に至った。恐怖の“妄想モンスター”から逃れる術はないのか――。

 警視庁赤坂署によると松橋容疑者は10月中旬、眞鍋の公式ブログのコメント欄に「殺す」などと書き込み、脅した疑いが持たれている。同容疑者は所属事務所に対しても、堂々と名前を名乗り「謝罪しろ!」と電話していた。警察の取り調べに対し、容疑を認めているという。

 眞鍋のツイッターには数年前から「俺にいつ殺されるかも知れないのに警察に届けない貴女も貴女です」など脅迫メッセージが大量に送り付けられており、同容疑者との関連を調べている。

 事件について眞鍋の所属事務所は12日、書面で「本人の日常生活及び、芸能活動、弊社業務への影響を考慮した上、猶予がないと判断し警察に相談させて頂きました」と説明。犯人の逮捕に「今は大変安堵しておりますとともに、今後の経過を見守りたいと思っております」とした。

 松橋容疑者を知る人物によると「ファンの間でもクレージーなことで有名でした。眞鍋さんのツイートに必ず返信していましたが、もう文脈がめちゃくちゃ。まるで眞鍋さんの彼氏であるかのようでした」と話す。

 2012年に眞鍋と元「THE YELLOW MONKEY」吉井和哉(48)の熱愛が報じられると、同容疑者はさらに凶暴化。「俺が好きなら今の彼氏をぶっ殺せ(略)このままなら俺がぶっ殺すから。貴女もね」と殺害予告が目立つようになった。

 今月5日には眞鍋が体を鍛えるためジムに行くことをツイートすると、同容疑者は「貴様が長年コメント無視してきた好きな男の写メだ(笑) いくらジムで鍛えても 俺にケンカ売って勝てんのか?眞鍋。ぶっ殺す!って意味がまだわかんねーのか」という脅し文句とともに、自画撮りした写真を送りつけた。そこには鏡越しにすごむ同容疑者の姿がはっきり映っている。

 それ以外にも「おい。お前のジムで眞鍋かをりをぶっ殺すかもわからんから覚悟しとくんだな」や「殺してやるよ眞鍋」と次々と投稿している。これでは眞鍋が恐怖を覚えるのも当然だ。

 最近の芸能界は“妄想モンスター”による被害が多い。似たようなケースはアイドルグループ「AKB48」の握手会を襲撃し、メンバーに重傷を負わせた梅田悟被告(24)だ。4日に開かれた初公判では、動機について「自分はつまらない日々を送っているのに(メンバーは)多額の収入を得ていることが不満だった」と、何とも身勝手極まりない言い分を平然と述べた。

「ネットの発達でタレントの情報を入手しやすくなったことで、自分の頭の中でイメージを膨らませやすくなった。そこから勝手に逆恨みしたり、妄想と現実が違うことで『裏切られた』と怒ったりする。正直、この手のタイプを未然に防ぐことはできない。事務所スタッフが細心の注意を払うしかない」と言うのは芸能プロ幹部だ。

 タレント・優木まおみ(34)は今年3月、「嫌なことを書いてくる人や、ときに危険すら感じるようなものまであった」と、公式ブログへの書き込みを会員限定に変更した。

 これも危機回避のための一つの手段だろうが「怒り狂った“妄想モンスター”から逃れる具体的な手段は、今のところないのが実情」(同幹部)。何とも頭の痛い問題だ。