武田梨奈 彼氏の条件は「頭突き瓦割りを認めてくれる人」

2014年11月10日 20時08分

コウメ太夫(左)と武田梨奈

 女優・武田梨奈(23)と一発屋芸人・コウメ太夫(42)が10日、都内で行われた映画「西遊記 はじまりのはじまり」(チャウ・シンチー監督、21日公開)の公開記念イベントに登場した。

 CMでの“頭突きかわら割り”で有名になった武田は「今年だけで(頭で)300枚割った。割った瞬間は痛くないが、数時間後にボーッとしてくる。もし、彼氏にするなら頭突きをやることを認めてくれる人がいい。『やめてくれ』と言われたら別れる」と、頭突きに対するこだわりを見せた。

 2009年に主演したガチンコアクション映画「ハイキック・ガール!」は、シンチー監督が観賞し「女性が本気でアクションすることに衝撃を受けた」と感想を漏らしたという。

 武田は「志穂美悦子さんは神様的存在。日本のアクション映画を女性として盛り上げたい。女性の強いアクション映画をはやらせたい」と語り、シンチー作品への出演にも色気を見せた。

 また、武田と同じプロダクション所属で“バーター出演”したコウメ太夫は「小学生のころからマイケル・ジャクソンが好きだった」と得意のムーンウオークを披露。

 さらに「僕はアパート経営をしているただのシングルファーザー。この間、保育園に呼び出されて『お宅の息子さんが一日中チクショーと言う』と先生に注意された」と話しながら、持ちギャグの「チクショー」を連発したが、相変わらず大してウケなかった。