古田敦也氏 バリィさんらとともに愛媛LOVE

2014年11月07日 17時26分

ゆるキャラ「みきゃん」に抱きつく古田氏

 野球解説者の古田敦也氏(49)が7日、東京・有楽町駅前広場で開催中の「愛のくに 愛顔(えがお)のえひめフェスティバル」でトークショーを行った。

 

 古田氏は兵庫県出身だが、父親が愛媛の出身とあって、同地とはなじみが深い。そのうえ現役生活を送ったヤクルトは現在、松山で秋季キャンプを張っている。古田氏は2000安打を同地の「坊ちゃんスタジアム」で放つなど、何かと縁があるのだ。

 

 知性派で知られる古田氏は引退後にトライアスロンを趣味とし、しまなみ街道をプライベートで走るなど、サイクリングやマラソンに打ち込んでいる。

 

 現役を終えても自らを追い込む姿勢は「自分の限界を知りたい」からだという。

 

 この日もゆるキャラの「みきゃん」や「バリィさん」と絡むなど“えひめ愛”全開の古田氏は、来季に向けて同地で頑張る古巣について「真中新監督は人望があるし、何より若手の底上げができてきているので、来年こそは1、2位が狙えるのでは」と期待を込めて語った。

 

 また、妻の中井美穂アナ(49=東京都出身)を引き合いに出し「妻に四国の4県を全部言ってみてと聞いたら、いきなり『和歌山』と言われた。まだまだ、東京の人には認知度が低い」と苦笑した。