休養宣言の東大生アイドル・桜雪が駒場祭で“1日限りの復帰”

2014年11月07日 16時19分

東大仮面・桜雪が駒場祭で復活する(写真は今年の五月祭ライブ)

 学業優先を理由に休養宣言していた東大生アイドル・桜雪(21=仮面女子:アリス十番)が24日(月・振替休日)の東大・駒場祭ライブに出演することが分かった。6日、桜雪がツイッターとブログで報告した。

 10月20日に休養宣言してから約1か月ぶりのステージだ。桜雪は東京大学に合格し、ステージデビュー(初代OZ→スチームガールズ)した2012年から、3年連続の駒場祭出演(本郷キャンパスで行われる五月祭は13、14年に出演)。休養宣言の前から「仮面女子」の出演は決まっていたが、桜雪については未定のままで“主役”不在の懸念もあったが、ようやくGOサインが出たようだ。

 イベント名は「ミスコンより熱いステージがここにある!桜雪のrevenge match!」。これはミス東大コンテストでファイナリストに進めなかったことをネタにしたもので、桜雪のリベンジの舞台を用意。仮面女子:アリス十番が駒場祭のステージの大トリを飾る。

 桜雪は6日、更新したブログで「やっとステージに立てるよ!!駒場祭で、みんなに会えるよ!!!本当に楽しみにしてるから待ってるからね!!!ここ1ヶ月燻ってたハイパースマイルでステージ輝かせるから絶対、絶対、絶対来てね!!」と、ファンに来場を呼びかけている。

 なお、秋葉原の常設劇場でのライブ、今後の活動については触れておらず駒場祭限定“1日限りの復活”のようだ。