石井一久氏が「無理しない“ゆる~い”生き方」を伝授

2014年11月06日 19時38分

“ゆるく”生きることを力説した石井一久氏

 元プロ野球選手の石井一久氏(41)が6日、都内で著書「ゆるキャラのすすめ。」の発売記念トークショーを行った。
 
 22年間、プロ野球選手として続けてきた石井氏ならではの考えをまとめた本で、「アドバイスは真剣に聞かない」、「手を抜くことを恐れない」などのコツが書かれている。

「アドバイスっていっても、本当にボクのことを考えて言ってくれるかどうか分からないし、ウソかもしれないでしょ」と説明する石井氏。「100%やると疲れちゃうし、手抜きというか、普通で。やるときやればいいんです」と“ゆるく”生きることを力説した。

 昨年、現役を引退し、今年から吉本興業の契約社員として働いている。「今年、吉本で覚えたことは会議のときは険しい顔をすること」

 その会議では最前列に座らされていることが多いとか。ただ、話はあまり頭に入っていないそうだが、それでも「眉間にしわを寄せていれば間違いないってことです。顔重視です」と笑わせた。