18歳の「日本一美女」が世界一宣言

2014年11月05日 16時00分

日本代表の栄冠に輝いた中川愛理沙さん

「2015ミス・インターナショナル日本代表選出大会」が4日、都内で開催され、日本代表の栄冠に千葉県出身の和洋女子大1年、中川愛理沙(なかがわ・ありさ)さん(18)が輝いた。31人による着物審査、水着審査、ドレス審査を経て、ファイナリスト10人が決定。スピーチ審査を経て選ばれた。

 大会後、報道陣を前に中川さんは受賞時を「一瞬、頭が真っ白になって『あ、私だ!』って思いました」と振り返った。今後は国内外で日本代表として活動するが「世界に視野を広げて、日本文化も学んでいろんなことをスポンジのように経験していきたい」と意気込んだ。

 大学では和裁などを学んでおり「日本の伝統を世界に広げていきたい。2歳からクラシックバレエを習っていて、パフォーマンスは負けないと思います」とキッパリ。来年開催される「2015ミス・インターナショナル」世界大会へ向けて「(優勝する)自信はあります。優勝しなければいけないなと思います」と堂々と宣言した。