東MAX 欽ちゃんに子供の命名を鮭缶で依頼

2014年11月04日 18時12分

優しいパパぶりをアピールした東

 タレントの“東MAX”こと東貴博(44)が4日、都内で映画「X—MEN:フューチャー&パスト」(5日発売)のブルーレイ&DVD発売記念イベントに出席した。

 妻の安めぐみ(32)が妊娠中。来年3月に出産予定だ。

 東は「子供が生まれてくるので、日々節約して金持ちを続けていきたい。何かしらいい才能を持って生まれてくるだろうから、それを伸ばしてあげたい」と優しいパパぶりをアピール。

 その後「安さんは天然で、いつまでも僕に若くいてほしいと、僕が寝ている時に雑にパックしてくれる。一瞬溺れて、ヤバイ、死んだなと思った。優しさと死は隣り合わせ」とのろけまくった。

 安は、おなかが出てきて大きなマタニティー用パンツを買ったという。「ぽっこりしてるのを見て笑っちゃう。ポコポコと胎動を感じると言っていたが、まだ性別は分からない」と、父親の実感が湧かないようだ。

 最近、師匠の萩本欽一にあいさつに出向いた際は「僕の顔を見て『女の子だね』と言われたが、よく外れるんで気にしない。ただ、安さんと付き合い始めたころに『お前は“や”の付く人と結婚する』と言われて当たった」。

 東は命名を渋る欽ちゃんに、大好物の鮭缶(200円相当)を渡して了承させた。「プレッシャーを感じたみたいで、僕が『気に入らなければ却下するから』と言うと『ちょっと考えてみるわ』と引き受けてくれた。最近『出来上がってるから取りに来て』と連絡があって、2、3日中に行く」

 性別が分かっていない段階で名前を考えたということは、萩本は直感ですでに性別が分かっているのかもしれない。

 東は「欽一って金欠一番と書くんだよね。僕よりも金持ちになってほしいから、どんな名前かちょっと心配。僕はカネとコネが才能だが、父の八郎よりかは能力が落ちてきている。将来、芸能人になるか分からないが、コネは作ってやりたい。まあ、世の中、カネで解決できないことはないでしょ」と得意の金満ギャグで笑わせた。