ミスインターナショナル日本代表・本郷李來さん グランプリへ意欲

2014年11月04日 17時22分

中央が日本代表の本郷李來さん

“世界一の美女”を決める「2014ミス・インターナショナル世界大会」の記者発表会が4日、都内で行われ、各国・地域を代表する74人の美女たちがお披露目された。

 世界大会は昨年に続き2年連続で東京開催。11日に東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪で行われる。

 美女たちはそれぞれ民族衣装でウオーキングしながら華やかに自己紹介。ノリノリでダンスを披露する美女や、クールにポーズを決める美女がいたりと、本番を前に早くもアピール合戦を繰り広げた。

 2014ミス・インターナショナル日本代表の大学生・本郷李來(ほんごう・りら=22)さんは「私もこの日を楽しみにしていた。各国の民族衣装が豪華。民族を表している姿を見ることができてうれしい。私の衣装は日本の国旗で、和の精神を表しています」と胸の高鳴りを押さえられない様子だ。

 間近に迫った本番に向けて「すごく楽しみ。各国のミス同士は仲がいいので、平和の親善大使として頑張りたい」と謙虚に話す一方で、「グランプリを取るつもりで来ているので、頑張りたい」と意気込みも十分。日本人として初の世界大会グランプリに輝いた、2012年の吉松育美(27)以来となる快挙実現へ闘志を燃やした。