剛力彩芽 地元・川崎でラケットダンス披露「泣きそう」

2014年11月02日 16時17分

 女優・剛力彩芽(22)が2日、神奈川・川崎市のラゾーナ川崎プラザで3枚目のシングル「くやしいけど大事な人」の発売イベントを行った。川崎は出身地ということで、大盛り上がり。剛力が感極まる場面もあった。

 新曲ではテニスのラケットを使った「ラケットダンス」に挑戦。会場ではラケット形のうちわを配り、ファンも一緒に踊った。CD発売のキャンペーンは12か所に及び、この日が最後。「ここに立って皆さんの顔を見たら泣きそうになって。川崎は地元で『ただいま』と言ったら『おかえり』と言ってくれる方が増えて、幸せだな」と涙目になった。

 ラゾーナ川崎には家族とよく来たことがあるという。「ここでイベントができてうれしい。今日もどこかで家族が見に来てくれています。今日はお客さんみんなの心と心がひとつになったかな」と凱旋ライブに感無量の様子。

 テニスといえば、錦織圭(24)が話題だ。「今朝も見てきました。意識してラケットダンスに決めたわけじゃないけどタイムリーだな」と同世代の活躍にも注目している。

関連タグ: