「スターダスト☆レビュー」東京公演 観客「発声練習」でスタート

2014年11月01日 20時30分

 ロックバンド「スターダスト☆レビュー」が1日、東京・中野サンプラザホールで、全国ツアー「STARDUST REVUE LIVE TOUR『SHOUT』」東京公演初日を開催した。

 今年8月に約2年ぶり、通算36枚目となるアルバム「SHOUT」をリリースしたスターダスト☆レビュー。ライブ冒頭のMCで、ボーカル&ギター・根本要(57)が「『SHOUT』ツアーへようこそ! 『SHOUT』ツアーということは“叫び”のツアーです!」と呼びかけると、まずは2200人超満員の観客の発声練習からスタート。

「SHOUT」の収録曲や、バンドの代名詞とも言える「夢伝説」「今夜だけきっと」「木蘭の涙」など全23曲を熱唱。曲によっては、会場が一体となって大合唱となるなど、約3時間に及ぶライブは大盛況のうちに終了した。

 また、根本から、今年8月9日に日比谷野外大音楽堂で行われたライブ「楽園音楽祭2014 STARDUST REVUE in 日比谷野外大音楽堂」を収録したブルーレイ&DVDが12月17日に発売されることも発表された。

 今ツアーは10月11日にスタートし、この日が6公演目。来年6月まで約60公演を予定している。