“セレブライフ”撮られた反町に風評被害

2012年08月24日 18時00分

 反町隆史(38)と松嶋菜々子(38)夫妻が滋賀県琵琶湖畔の別荘に織田裕二(44)らを招いてパーティーを行っているところを、今月発売の写真週刊誌「フライデー」に激撮された。“セレブライフ”を謳歌している反町&松嶋夫妻だが、予想もしない形での“風評被害”に遭う危機が迫っているという。

 

 同誌によると、別荘では織田以外にも様々な芸能人が目撃されている。反町はたびたび1人で訪れ、釣りやドライブなどを楽しむ姿が確認されているという。

 

 妻の松嶋は昨年の大ヒットドラマ「家政婦のミタ」で再ブレークを果たして以来、ドラマや映画、CMから引っ張りだこだが、それに比べ、反町は決して忙しいとはいえない。そのため1人で好きなことに没頭できる別荘を訪れる時間も多いのだろうが、この行動があらぬ憶測を呼んでしまっている。

 

 芸能関係者は「別荘のすぐ近くには大きな歓楽街があります。さっそく歓楽街関係者の中に『ここで反町を見た!』とか『ここに反町もよく来ている』などと話している人がいるのです。もちろん、反町は自覚をしっかりと持った大人の男だから、そんな事実はない。しかし憶測とか冗談話が、真実のようになってしまうケースは多々ありますからね。変な形で噂が広まらなければいいのですが、ちょっと心配ですね」。

 

 ここ数年、大して状況が変わらない反町はともかく、「家政婦のミタ」をキッカケに第2次ピークを迎えた松嶋はまさに今年が勝負。そんな大事な時期に、反町に関する危ない噂が流れて、松嶋の芸能活動の足を引っ張らなければいいが。

 

週休5日で数億稼ぐキムタクが貧乏役できる?