2週間で漫画家になれる玩具をタカラトミーが発売

2014年10月28日 14時36分

 2週間で漫画家になれる! タカラトミーは14のレッスンでマンガが上手に描けるようになる「14日間マンガ家コース」(希望小売価格4500円)を11月20日に発売することを発表した。


 同商品は子供たちの「なりたい!」を叶える本格的体験型玩具「ジョブアカデミー」シリーズの第1弾。タカラトミーの調べでは「絵やマンガが上手になりたい」と願う子供は全体の67%(マクロミル調べ 小学3年~6年生男女2014年8月実施n=800)にものぼるといい、そんな子供たちを応援しようと現代版の「石ノ森章太郎の少年のためのマンガ家入門」とも呼べる商品を企画した。


 同商品は自分の描いた作品を、郵送やメールでマンガの専門校「日本マンガ塾」に送り、プロ講師の特別な添削サービスを受けられる。


 プロが使用するような本格的な薄型トレース台やデリータ―社製のミリペンなどの画材に加え、マンガができるまでの工程や、顔の描き方、トーン処理、コマ割りや演出・ストーリーの組み立て方などが載っている「レッスンBOOK」、さらにインターネットでプロのレクチャー動画が視聴できる特典もつくなど充実した内容が特徴だ。